W杯からおかえり「レンジー」

共同通信

 日本ラグビー協会は24日、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の公式マスコットだった「レンジー」が日本協会の公式マスコットに決定したと発表した。W杯で役目を終えていたが人気が高く、ラグビーの価値を広める存在として復活することになった。

 連獅子をモチーフにしているレンジーは、髪の毛が白い親の「レン」と、赤い子どもの「ジー」の2体で構成している。

 日本協会の公式マスコットは初めて。森重隆会長は「レンジーが大切にしているチームプレー、勇気、フェアプレーはラグビーに欠かせない価値。強く発信していきたい」とコメントした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ