核ごみ調査への応募、再考を要請

共同通信

 高レベル放射性廃棄物核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査への応募を検討している北海道寿都町の片岡春雄町長に対し、隣接する黒松内、蘭越両町と島牧村の首長は24日の会談で、「住民の不安も広がっていることから文献調査応募について再考願います」などとする申し入れ文書を手渡した。

 文書では、近隣自治体の意見の尊重や情報提供も要望した。蘭越町の金秀行町長は会談後、片岡町長に「申し入れの意図をくみ取ってもらえたと思う」と話した。

 一方、片岡町長は「驚かせてしまい申し訳ない。(まだ応募を)判断する段階ではなく、まずは町民に町の現状を説明していく」と述べた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ