軍事協定、当面維持へ

共同通信

 【ソウル共同】日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が25日午前0時(日本時間同)に終了通告期限を迎えた。韓国側に通告の動きはなく、協定は当面維持される見通し。ただ、韓国側は通告期限にかかわらず「いつでも終了できる」と破棄を警告、日本側に輸出規制強化の撤回を迫る構えだ。

 日本政府は24日、韓国側に協定維持を呼び掛けた。菅義偉官房長官は記者会見で「協定は安定的に運用されることが重要だ。日韓関係は引き続き厳しい状況だが、今後も適切な対応を強く求めていく」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ