キリン、豪飲料の売却契約を解除

共同通信

 キリンホールディングス(HD)は25日、オーストラリア子会社ライオンの飲料事業を中国蒙牛乳業に売却する契約を同日付で解除したと発表した。契約に不可欠なオーストラリアの外国投資審査委員会(FIRB)の承認が得られず、今後も見通しが立たないため、やむを得ず解除したという。

 キリンHDは昨年11月、中国蒙牛乳業に飲料事業の全株式を約456億円で売却することで合意していた。FIRBの承認は契約の前提となっていた。今後は、ほかの企業への売却も含めて検討するという。

 コロナ発生源や感染拡大などを巡るオーストラリアと中国の対立激化を背景に審査が厳格化した可能性がある。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ