GoTo420万人が宿泊

共同通信

 赤羽一嘉国土交通相は25日の記者会見で、7月27日~8月20日に政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用して宿泊した人が、少なくとも延べ420万人に上ったとの速報値を発表した。マイカーなどを使った近場への旅行が中心で、赤羽氏は「それなりに効果があった」と述べた。

 事業は7月27日から、旅行業者や宿泊施設が割引済みの旅行商品を売り始めた。全国の42施設を8月19、20日に調査したところ大半は対策済みだったが、客への周知が不十分などとして24施設に指導・助言をした。24日時点で全国の宿泊事業者の約半数に当たる1万7191事業者が登録済みという。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ