中国、内需主導の発展計画へ

共同通信

 【北京共同】中国の習近平国家主席は24日、2021~25年の中期経済目標「第14次5カ年計画」の策定に向けた会議を開き、「国内大循環」による内需主導の発展計画とする方針を示した。国際社会で中国への「逆風」が強まっているとの危機感を表明。科学技術も向上させて国力を増強する。25日付の共産党機関紙、人民日報が伝えた。

 習氏は「新型コロナウイルス感染症で世界の変化が加速し、保護主義や単独主義が台頭し、世界経済が低迷している」と指摘。「外部からのさらなる逆風に備えるべきだ」と強調した。米国との対立激化などが念頭にあるとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ