北朝鮮の正恩氏、軍への統制強化

共同通信

 【北京共同】北朝鮮朝鮮労働党に昨年末、「軍政指導部」が新設されたことが分かった。韓国の情報機関、国家情報院が25日までに明らかにした。金正恩党委員長は党中心の国家運営を進めており、新部署設置は朝鮮人民軍に対する統制強化の一環とみられている。

 北朝鮮は25日、故金正日総書記が軍優先の「先軍政治」を始めたとされる日から60年の記念日を迎えた。党機関紙、労働新聞は論説で正日氏が「党の軍隊」を育て上げたと称賛した上で、故金日成主席から正日氏、正恩氏と続く「白頭の血統」への絶対服従を訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ