米アップルの一部措置を阻止

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルと人気ゲーム「フォートナイト」を運営するエピック・ゲームズが課金を巡り争っている訴訟で、米連邦地裁は24日、アップルによるエピックのゲーム開発ソフトの停止措置を阻止する判断を示した。エピックの訴えを一部認めた。

 エピックへの対抗措置として13日にアプリ販売市場からフォートナイトを削除したアップルは、28日までにエピックのアップル製品向けの開発者用アカウントを終了すると通告した。

 アカウントがなくなると、エピックのゲーム開発ソフト「アンリアルエンジン」の更新ができなくなるが、同ソフトはゲーム業界で広く利用されている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ