東京円、106円台前半

共同通信

 26日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比12銭円安ドル高の1ドル=106円30~31銭。ユーロは06銭円高ユーロ安の1ユーロ=125円51~55銭。

 米国と中国が閣僚級の貿易協議を行ったとの発表を受けて、米中対立激化への懸念が和らぎ、朝方は低リスク通貨とされる円を売ってドルを買う動きが先行。一方、午後は自動車など輸出企業による円買いも入った。

 米ワイオミング州ジャクソンホールでの経済シンポジウムを前に、市場では「米国の金融政策を見極めたいとの思惑から、取引は低調だった」(外為ブローカー)との声もあった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ