苦境でも「電車を止めるな!」

共同通信

 経営難が続く千葉県銚子市のローカル鉄道、銚子電気鉄道(銚子電鉄)は、収益向上につなげようと映画「電車を止めるな!」を製作、28日から一般公開を始める。クラウドファンディングで製作費500万円を募り、竹本勝紀社長の自費も投入。同社長は「新型コロナウイルスの影響で経営状態は史上最悪。ぜひ多くの人にみてもらい電車を存続させたい」と上映先を募集している。

 ストーリーは銚子電鉄を舞台に心霊現象が巻き起こるというもの。千葉市の「DRIVE IN PARK CHIBA」で28~30日に上映され、9月以降は東京都や新潟県などの映画館やイベントで上映が予定されている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ