院内感染防止のマニュアル本製作

共同通信

 新型コロナウイルス感染患者の専門病院として全国に先駆けて始動した大阪市立十三市民病院(淀川区)の医師や看護師が、院内感染防止のマニュアル本を製作した。ノウハウを広く共有し、活用してもらうことで「病院や福祉施設などでの集団感染を防いでほしい」(関係者)としている。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID―19) 対応BOOK」(照林社)で、感染者と非感染者の利用場所を分ける「ゾーニング」の注意点や防護服の着脱法、医療廃棄物や患者が使用したリネン類の処理の仕方などを明記。検体搬送や患者の受け入れ、面会など、各場面でどういった防護具が必要かも一覧化した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ