立民・国民と連合が理念発表

共同通信

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長と連合の相原康伸事務局長は27日、都内で共同記者会見し、新型コロナ禍を踏まえた新たな社会像について、3者が共有する「理念」として発表した。原発政策などに関しては「低炭素なエネルギーシステムを確立する」とした。

 原発政策を巡っては、連合傘下の民間労組が新党の綱領案に明記された「原発ゼロ」に反発し、国民所属の組織内議員ら約10人の参加が決まっていない。

 新理念では「熟議を尽くす中道の精神を重んじる」とも表明。コロナ禍を踏まえ「一人一人の命と暮らしを守る」とし、医療や介護、公衆衛生体制を抜本的に強化するとした。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ