トヨタ、一律定昇見直し評価連動

共同通信

 トヨタ自動車が毎年春の定期昇給の算定方法を大幅に見直す方針を固めたことが27日、分かった。原則一律に昇給する現在の方式を改め、人事評価に応じて昇給額を決める。人によっては昇給しないケースも出てきそうだ。既に労働組合と協議を始めており、2021年の導入を目指す。

 日本を代表するメーカーが定期昇給制度にメスを入れ、成果主義を加速させることで、追随する動きが広がりそうだ。

 トヨタの定期昇給は大まかに、職位などに応じて一律に昇給する部分と、人事評価に基づく成果分の二つの要素で構成されている。新方式では、これを人事評価に基づくものに一本化する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ