米駆逐艦「侵入」非難

共同通信

 【北京、ワシントン共同】中国人民解放軍南シナ海を管轄する南部戦区の報道官は27日夜、米海軍のミサイル駆逐艦「マスティン」が同日、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙諸島の「領海に侵入した」と非難する談話を発表した。付近の海域では中国軍が演習中で、米中両軍の偶発的な衝突への懸念が現実味を増してきた。

 一方、米国防総省は27日「中国が南シナ海で軍事演習を行い、弾道ミサイルを発射したことを懸念している」とする声明を発表。演習は「南シナ海での主権を不法に主張する中国の行動の一環だ」とし、南シナ海を軍事拠点化しないという中国の言い分とは矛盾していると批判した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ