女性漫才師の内海桂子さん死去

共同通信

 漫才コンビ「内海桂子・好江」で人気を集め、女性漫才師の第一人者として活躍した漫才協会名誉会長の内海桂子(うつみ・けいこ)さんが22日午後11時39分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。97歳。東京都出身。

 千葉・銚子で生まれ東京・浅草で育ち、1938年に漫才の初舞台。50年に故内海好江さんと漫才コンビ「内海桂子・好江」を結成、三味線を肩に掛け、時事ネタを取り入れたテンポのある漫才で人気を集めた。

 97年に好江さんが死去した後も活動。98年に漫才協団の会長に就き、2005年に改称した漫才協会の初代会長となった。弟子の「ナイツ」ら若手育成に尽力した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ