マリの前大統領ケイタ氏を解放

共同通信

 西アフリカ・マリで18日に反乱兵が起こしケイタ大統領を辞任に追い込んだクーデターで、首謀者らは27日、拘束していたケイタ氏を解放したと発表した。ロイター通信などが報じた。首都バマコの自宅に戻ったとみられる。

 ケイタ氏は18日に身柄を拘束され、テレビ演説で辞任を表明した。西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が解放を求め、首謀者らと交渉していた。

 首謀者らはクーデター後に暫定政権「国民救済全国委員会」を発足させた。今後3年間ほど権力を掌握する方針を示したとの報道もあり、ECOWASは国境封鎖などの制裁を科し早期の民政復帰を要求している。(共同)

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ