月面車、愛称はルナ・クルーザー

共同通信

 トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、共同で研究中の有人月面車の愛称を「ルナ・クルーザー」に決めたと発表した。2020年代後半の打ち上げを目指し、試作車の製作を進める。

 英語で「月」を意味する「ルナ」と「巡洋艦」を意味する「クルーザー」を組み合わせた。トヨタのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の耐久性や信頼性を、月面でも引き継ぎたいとの思いを込めている。月面は宇宙から降り注ぐ放射線や昼夜の極端な温度差など、地球よりも過酷になる。

 ルナ・クルーザーは全長6メートル、幅5・2メートル、高さ3・8メートルの箱形。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ