日航の搭乗システムに一時障害

共同通信

 日本航空は28日、同日午後3時22分ごろに全国の空港でチェックインなどのシステムに障害が発生したと明らかにした。約40分後に復旧した。1便が欠航し、12便に30分以上の遅延が生じた。外部委託先のシステムに不具合が起きたのが原因だという。

 日航によると、一時的に搭乗手続きができない状態になった。欠航便に搭乗予定だった客は他の便への振り替えで対応した。外部委託先に対し、詳しい原因を調べるよう求めている。

 全日本空輸も国際線で同じ外部委託先のシステムを採用しており、不具合の発生を確認したが、運航への影響はなかったとしている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ