野党、首相の後継選びを注視

共同通信

 野党は28日、安倍晋三首相が辞意を表明したことを受け、後継の首相が選ばれる自民党総裁選の行方を注視する姿勢を示した。立憲民主党の枝野幸男代表は「1強と呼ばれた政権が終わるので、日本の政治や社会に大きな変化をもたらす。われわれ(野党)の責任、役割は大きくなった」と国会内で記者団に述べた。後継首相による早期の衆院解散・総選挙を警戒する声も上がった。

 枝野氏は「健康状態を理由に辞めるのは大変残念だろう。療養に努め、回復されることをお祈りしたい」と気遣った。立民幹部は「新首相が選出されたら、国民の審判を受けるとして解散に打って出るかもしれない」との見方を示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ