次期政権、経済立て直しへ課題

共同通信

 安倍晋三首相が28日に辞任意向を表明したことを受け、新型コロナウイルスの流行に伴い急速に悪化した国内経済の立て直しは、積み残しの課題として次期政権に引き継がれる。年末にかけて編成作業が本格化する2021年度予算や、コロナ後を見据えて新たに策定する成長戦略で、有効な浮揚策を描けるかどうかが焦点となる。

 安倍首相は28日の記者会見で、約7年8カ月の政権運営による雇用創出の実績を強調した一方、現政権では達成できなかったデフレ脱却などの重要課題については、後継首相の取り組みに委ねる姿勢を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ