池江璃花子、1年7カ月ぶり実戦

共同通信

 白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(20)が29日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都特別大会の50m自由形で昨年1月以来1年7カ月ぶりとなるレースに臨み、26秒32で5位となった。池江は「第二の自分の水泳人生の始まりかなと思う。いい形でスタートが切れた」と充実感を漂わせた。

 自身の日本記録24秒21には届かなかったが、直近の目標とする10月の日本学生選手権の個人種目出場へ向けて最低条件となる標準記録26秒86を突破した。

 病を公表した昨年2月から12月まで入院。2024年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げ、今年3月にプールでの練習を再開した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ