党員投票見送り、自民党内に異論

共同通信

 安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選に関し、党執行部が党員・党友の投票を見送る方針を固めたことについて30日、党内から「党員から意見を聞くことが重要だ」(田村憲久政調会長代理)などと異論が相次いだ。

 総裁選は党員・党友投票を省略し、国会議員と各都道府県連3票による投票で実施する方向で、9月1日の総務会で正式に決める段取りになっている。

 田村氏はフジテレビ番組で「党員の意向を確認しなくてもいいのか。郵便投票で時間をかけずにできる」と主張。稲田朋美幹事長代行は党の決定に従うことが前提とした上で「理想として、個人としては党員投票をするのがいい」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ