ハリポタ作者、抗議の賞返上

共同通信

 【ロンドン共同】人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者J・K・ローリングさんが30日までに、心と体の性が一致しないトランスジェンダーを巡る自身の見解に対し、故ロバート・ケネディ元司法長官を記念した米人権団体から不当な批判を受けたとして、団体から昨年贈られた賞を返上すると表明した。

 ローリングさんはトランスジェンダーに理解を示しつつも性別の概念の重要性を主張している。6月には女性を「生理がある人」と表現した記事をツイッターでやゆして“炎上”が起きた。その後もトランスジェンダーを支持する活動の行き過ぎを指摘し、主張を撤回しない考えを示した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ