燃料電池バスで電力供給

共同通信

 トヨタ自動車とホンダは31日、水素で走る燃料電池バスにバッテリーを積み込み、移動先で電力供給するシステムの実証実験を9月から共同で始めると発表した。災害で停電した避難所や屋外イベントなどでの活用を想定している。

 システムの名称は「Moving e(ムービングイー)」。トヨタの燃料電池バス1台に家電などへの給電が可能なホンダ製バッテリーを56個載せ、必要な場所までバスで移動してバッテリーを配る仕組み。往復200キロ走行した場合、50人規模の避難所を3日間支援できる程度の電力供給が可能だという。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ