ロシア陸連が改革案提出

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界陸連は8月31日、組織的なドーピング問題を抱えるロシア陸連から、同日が提出期限だった改革案を受け取ったと明らかにした。タス通信が報じた。2015年から資格停止が続く同国陸連は昨年、元会長らによる不正隠蔽が新たに発覚し、改革案を出さなければ除名処分となる可能性があった。

 世界陸連はロシア陸連に対して除名を回避するための複数の条件を課しており、8月中旬には罰金など631万ドル(約6億7千万円)の支払いを受けた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ