「マイナポイント」事業始まる

共同通信

 マイナンバーカード所有者を対象に、買い物などで使える最大5千円分のポイントを還元する総務省の「マイナポイント」事業が1日始まった。来年3月まで。電子マネーのチャージ(入金)やスマートフォンのQRコード決済で買い物をすればポイントをもらえる仕組みで、政府はお得感をアピール。消費喚起効果に期待するとともに、マイナンバーカードの普及促進にもつなげたい考えだ。

 予算の制約のため利用予約が4千万人に達した時点で受け付けを締め切るが、8月30日時点の予約は468万人と低調。総務省担当者は「事業が始まれば増えていくだろう」と予想するが、積極的なPRが課題となる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ