全産業の経常利益46・6%減

共同通信

 財務省が1日発表した2020年4~6月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の経常利益が前年同期比46・6%減の12兆4140億円で、5四半期連続のマイナスだった。リーマン・ショック後の09年4~6月期(53・0%減)以来、11年ぶりの大きな落ち込み。設備投資も約10年ぶりの減少率だった。政府が4月に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全国に発令し、経済活動が著しく停滞した。

 4~6月期の製造業の経常利益は48・7%減の3兆8741億円だった。新型コロナで世界的に自動車販売が低迷し、輸送用機械が76・1%減と大幅に落ち込んだ。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ