総裁選は菅氏優勢、5派閥支持

共同通信

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選で1日、竹下派(54人)と石原派(11人)は菅義偉官房長官を支援する方向となり、党内5派閥が支持に回る。国会議員票では圧倒的に優勢だ。岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長は立候補を表明。他に出馬の動きはなく構図が事実上固まった。自民党は全国一斉の党員・党友投票を実施せず、国会議員票394と都道府県連代表による地方票141の計535票により両院議員総会で新総裁を選ぶと決めた。

 ただ事実上首相を選ぶ総裁選の有権者が国会議員らに限られるため、首相選出の正統性をどこまで担保できるか批判が出そうだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ