デモ隊が暴走、独議会に乱入図る

共同通信

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンで8月29日、政府の新型コロナウイルス対策に抗議する数百人が連邦議会議事堂への乱入を図り、警官が警棒や催涙スプレーで阻止した。デモ隊が暴走した形で、衝撃を受けた政府首脳らは31日、民主主義を象徴する議会が襲われたと懸念を表明した。

 デモには、旧ドイツ帝国の旗を掲げた右派も含め約3万8千人が参加。声を上げて議事堂に押し入ろうとし、最後は3人の警官が全力で防いだ。

 シュタインマイヤー大統領は31日、警官に感謝し「今回の件は暴動であり、非常に危険だ。民主主義を汚すいかなる動きも見過ごせない」と訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ