昨年大会の歓声で盛り上げ

共同通信

 【ニューヨーク共同】8月31日開幕したテニスの四大大会、全米オープンは新型コロナウイルスに伴い、無観客で行われている。会場の選手やテレビ観戦のファンを盛り上げるのは、昨年大会で録音された観客の歓声だ。人工知能(AI)を活用し、選手の入場時や試合のセット終了時に聞こえるようにする。

 開発した米IBMは、「AIサウンズ」と名付け、会場の担当チームと、放送するスポーツ専門局ESPNに提供する。大会を主催する米国テニス協会(USTA)は「スタジアムや放送に活力を与えるツールだ」と期待している。

 IBMはこの数年、AIを活用し、試合のハイライト映像を編集している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ