仏独、中国の脅し認めず

共同通信

 【パリ、ベルリン共同】台湾を訪問中のチェコ上院議長による立法院(国会)での演説に中国外務省が対抗措置をほのめかしたことについて、フランス外務省報道官は1日「欧州連合(EU)加盟国への脅しは認められない。チェコとの結束を表明する」と訴えた。

 ドイツのマース外相も1日、中国の王毅国務委員兼外相との会談後の記者会見で「(チェコに対する)脅しは適切でない」と述べ、チェコを支持する考えを示した。

 フランス外務省報道官は「EUと中国の関係は対話や相互の尊重に基づかなければならない。こうした条件がパートナー関係の深化に欠かせない」と指摘した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ