いてつく海、新成人祝う 福岡・福津で寒中水泳

冷たい海へ勢いよく駆けだす大学生たち=18日午前11時すぎ、福岡県福津市の津屋崎海岸 拡大

冷たい海へ勢いよく駆けだす大学生たち=18日午前11時すぎ、福岡県福津市の津屋崎海岸

 大学の水泳部員が新成人を祝福する伝統の「合同寒中水泳大会」が18日午前、福岡県福津市の津屋崎海水浴場であり、九州大や福岡教育大、佐賀大など7大学の約80人が厳冬の玄界灘に入り、新成人約30人を胴上げなどで激励した。

 40回目の今年は気温、水温ともに7度。男性は赤ふんどし、女性は水着にTシャツ姿で午前11時すぎ、太鼓の音で入水。上級生が「おめでとう」などと叫びながら次々と新成人を宙に上げた。浜辺では、地域住民らが豚汁を学生や見物客に振る舞った。

 九州大水泳部の山崎輝真さん(19)は「気合が入りました。子どもたちの手本になる有言実行の大人になりたい」と誓っていた。

 福岡管区気象台によると、福岡県内は上空に寒気が徐々に流れ込み、19日にかけて冷え込みが厳しくなる見通し。18日夜から19日明け方にかけ、平地でも雪が積もる所があるという。

 各地の18日午前の最低気温は、八女市で氷点下1・0度、宗像市で3・6度、福岡市で4・2度など。


=2014/01/18付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ