ロシア反体制派襲撃で制裁も

共同通信

 【ブリュッセル共同】ロシア反体制派ナワリヌイ氏が猛毒の神経剤ノビチョク系の物質で襲撃されたとのドイツの発表を受け、欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は3日、EUを代表し「暗殺未遂を最も強い言葉で非難」する声明を発表した。さらに事件を計画、実行した個人や団体を制裁する「権利を留保する」と強調した。

 声明は、事件を巡る「共同対応」を国際社会に呼び掛ける一方、ロシア政府に対しては「完全な透明性を伴う徹底捜査」を要求。首謀者らが処罰されない状況はあってはならないと訴えた。

 ノビチョクは2018年、英国でロシア元情報機関員と娘の襲撃に使われた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ