台風10号、非常に強い勢力に

共同通信

 台風10号は4日、中心付近の最大風速が45メートル以上の「非常に強い」勢力に変わり、暴風域を伴って日本の南の海上を西寄りに進んだ。今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達して沖縄・奄美に接近、九州に接近・上陸するとみられ、気象庁は最大級の警戒を呼び掛けた。

 記録的大雨、暴風、高波、高潮が見込まれる。気象庁は国土交通省と合同で異例の2日連続となる臨時記者会見を開き、4日までに備えを終わらせるよう求めた。

 国土交通省は洪水被害を防止するため、4日午前10時時点で和歌山、長崎、鹿児島3県の9ダムで事前放流を始めたと発表した。他のダムでも放流の準備を進めている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ