函館でイワシが大量死、酸欠か

共同通信

 北海道函館港で、イワシが大量に死んでいる状態で見つかり、観光関係者らが対応に苦慮している。5日も回収作業が続いたが、名所の金森赤レンガ倉庫付近では、浮かぶ死骸に「くさい」と顔をしかめる観光客も。専門家は酸欠の可能性を指摘している。

 茶色く変色し、岸壁近くに無数に漂うイワシの死骸。1日ごろに見つかり、回収が追い付いていない。横浜市から観光で来た男性会社員(53)は「函館の海で大量のイワシの死骸を見るなんて予想外。何とも言えない臭いだ」と困惑した様子で話した。

 専門家は「酸素濃度の低い海水が風の影響で一気に港内に広がった可能性がある」と分析している。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ