大型台風10号、特別警報も

共同通信

 大型で非常に強い台風10号は沖縄・大東諸島を経て6日には沖縄・奄美に接近し、7日には鹿児島県に接近・上陸する見通しとなった。気象庁は5日、最大級の警戒を呼び掛けるため、6日午前に奄美を除く鹿児島県へ暴風、波浪、高潮の特別警報を発表する可能性があると明らかにした。発表されれば沖縄県以外では初めて。

 特別警報は中心気圧930ヘクトパスカル以下か最大風速50メートル以上(沖縄、奄美、小笠原諸島は910ヘクトパスカル以下か60メートル以上)の台風が迫ると、前もって発表される。台風10号の中心気圧は鹿児島県に接近・上陸する時点で930ヘクトパスカルとみられている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ