無免許で事故の市職員逮捕、兵庫

共同通信

 乗用車を無免許運転してバイクに追突し、相手に軽傷を負わせたとして、兵庫県警川西署は6日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致傷)の疑いで同県川西市、同市職員玉田亮彦容疑者(56)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 川西署によると、玉田容疑者の免許証は2011年7月に有効期限が切れたままになっていた。事故当日は休日だった。

 逮捕容疑は6日午前7時50分ごろ、川西市出在家町の踏切前で、停止していたバイクに追突。乗っていた会社員の男性(26)に手首の捻挫などの軽傷を負わせた疑い。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ