鹿児島の特別警報、発表取りやめ

共同通信

 気象庁は、台風10号の接近に伴い予告していた鹿児島県(奄美を除く)への6日午前の特別警報発表を、取りやめた。想定よりも勢力がやや弱まり、中心気圧が特別警報の基準に満たなかった。

 気象庁によると5日午後6時の予報では、6日夜に鹿児島県に到達する10号の中心気圧は930ヘクトパスカル。特別警報の発表基準を満たす可能性が高まっているとして、同庁は5日午後8時の緊急記者会見で、6日午前に同県に特別警報を出す可能性があると明らかにした。

 しかし6日午前6時の予報で、予想される同日夜の中心気圧は935ヘクトパスカルとなり、勢力が5日予報よりやや弱まることが判明した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ