悪天候や夜の運転が苦手なドライバーの安全を守る フルHDドライブレコーダー機能付き自動車用暗視モニター「Lanmodo NVS Vast Pro」がクラウドファンディングで予約販売開始

PR TIMES 株式会社TS TRADE

―先着50名限定、30%オフキャンペーンを開催―
カメラ機器などの総合商社TS TRADE(本社:宮崎県延岡市、代表取締役:河崎 聖輝)は、2020年9月7日18時より、解像度フルHD(1080P)の後方カメラを搭載したドライブレコーダー機能付自動車用暗視モニター(ナイトビジョンシステム)「Lanmodo NVS Vast Pro」(販売価格税込52,800円)をクラウドファンディング(以下、GREEN FUNDING)にて予約販売を開始します。
フルHDで解像度がアップ。ドラレコ機能も新たに追加された
「Lanmodo NVS Vast Pro」の暗視モニターは夜だけでなく、霧や雨にも対応
「Lanmodo NVS Vast Pro」クラウドファンディングオープニング記念として先着50名限定で30%オフになるキャンペーンを開催します。注)下記URLは9月7日18時より閲覧可能です。
https://greenfunding.jp/piucrowdfunding/projects/3922/

■昨年クラファンで話題となった自動車用暗視モニター「Lanmodo NVS」の次世代機が登場

300メートル先まで見通せる暗視モニター
「Lanmodo NVS Vast Pro」とは、TSTRADEがGREEN FUNDING にて2019年5月より販売を開始した初号機「Lanmodo NVS(ナイトビジョンシステム)」の次世代機です。車のヘッドライトはロービームで60メートル、ハイビームで80メートルまでが視野の限界と言われている中、独自の技術により開発された暗視モニター「Lanmodo NVS」を利用することで、悪天候でももちろん夜でも300メートル先までくっきり見通しが良くなり“真っ暗闇でも昼間に運転しているようだ”と話題になり、6,000万円(1,360名)を超える支援を頂いた商品です。このたび、消費者の声を受け改良を重ね、次世代機「Lanmodo NVS Vast Pro」を提供するに至りました。

■危険運転対策を強化、フルHDの後方カメラが付いた「ドライブレコーダー」機能を搭載 長距離ドライバーや悪天候や夜の運転が苦手なドライバーも安心
「Lanmodo NVS Vast Pro」の最大の特徴として、これまでの独自の暗視モニターに加え、新たにドライブレコーダー機能が搭載された点です。後方カメラには視野角170度のフルHDを採用したドライブレコーダー機能がついたことで、暗視モニターの特徴でもある前方の悪天候や夜の走行支援に加え、後方からの“あおり運転”、危険運転からも身を守る安全対策が強化されました。昼夜問わず、車の運転が長時間に及ぶドライバーや悪天候や夜の運転が苦手なドライバーにとっては一石二鳥の商品と言えます。

■「Lanmodo NVS Vast Pro」、そのほかの機能・特徴について

IP67防水機能付き後方カメラ
・大事な映像を確実に残す「Gセンサー」機能
大容量128GBのカードSDストレージに対応。容量が一杯になると古い録画データを自動で上書きされます。万が一事故や異常を察知、衝撃を検知した場合は「Gセンサー」が機能し、録画した映像をロック。大事な動画は上書き処理をしない仕組みになっています。

・「いたずら対策」、24時間連続録画が可能な低電力監視機能
駐車時のいたずら対策も万全です。駐車場に停車時も24時間連続で録画が可能。「Lanmodo NVS Vast Pro」では新たにOBD(※)電源にも対応し、モニター画面をオフにしても録画し続けることができます。(※)車両診断用のコネクター。24時間撮影をする場合、OBD電源への接続が必須になります。

・IP67防水機能付き後方カメラを採用
後方カメラは、IP67防水対応なので車外の接続も可能です。車外から接続する場合は、後方ハッチを開け、配線の引き込み作業が必要となります。

・フロントガラスもしくはダッシュボードに。取付がシンプルに。
「Lanmodo NVS Vast Pro」のフロントカメラ本体の設置は、フロントガラスへの貼り付け、またはダッシュボードへ設置の両方から選べます。電源は前述のOBD電源、もしくはシガーソケットに対応しています。


『夜の運転をするドライバーの安全を守る』/TS TRADE代表・河崎 聖輝コメント
「地域によっては街頭の灯りが乏しく夜の運転や悪天候の運転はだれでも怖いものです。車の事故の多くは夜に起きており、その事故を未然に防ぐとしてLanmodoナイトビジョンシステムは世界で有名になりました。日本では“あおり運転”に対する厳罰化される法改正があり、以前にも増してドライブレコーダーの必需性が高まっています。このたび発表したナイトビジョンシステムはドライブレコーダーの機能が装備されました。まさに日本仕様ともいえる「Lanmodo NVS Vast Pro」は、夜に運転をする仕事をされる方や夜や悪天候での運転が苦手な人を危険から守るナイトビジョンシステムと言えます」

「Lanmodo NVS Vast Pro」クラウドファンディングオープニング記念として先着50名限定で30%オフになるキャンペーンを開催します。注)下記URLは9月7日18時より閲覧可能です。
https://greenfunding.jp/piucrowdfunding/projects/3922/

■「Lanmodo NVS Vast Pro」スペック情報
http://www.youtube.com/watch?v=dZ3LIp0CSuE

税込価格:52,800円
フロントカメラ本体サイズ:21.79センチメートル×8.50センチメートル
後方カメラ解像度:1080P、フルハイビジョン
後方カメラ視野角: 170度
前方カメラ解像度:1080P、フルハイビジョン
前方カメラ視野角:45度
カラー:ブラックのみ
同梱物:前方カメラ本体、後方カメラ本体、ベース1台、シガーソケットアダプター1個、OBDアダプター1個、後方カメラ専用ケーブル(3メートル)1本、工具(ドライバー)1本

■TSTRADEについて
TSTRADEは宮崎に拠点を構える総合商社で、日本にまだない商品をいち早くEコマースで展開しています。このたびクラウドファンディングで展開するLanmodoのナイトビジョンシステムの初号機も2019年にもクラウドファンディング(GREEN FUNDING)でスタートしており“クラファン”を戦略的に活用しています。ジンバルの老舗メーカー・Feiyu techの日本総合商社も務め、今年の4月にクラウドファンディングで実施したカメラ付きジンバル「Feiyu pocket」(税別29,500円)は開始52日で1億円を突破しGREEN FUNDINGの上半期販売額1位を達成、7月に発売した「VLOG pocket 2」も8月末時点で4,000万円を超えるなど好成績を収め、“クラファン”のユーザーに適正な商品をプランニング、マーケティングを得意とする企業です。

会社名:株式会社TS TRADE
本社所在地:宮崎県延岡市大瀬町1-5-7
代表取締役:河崎 聖輝
事業内容:輸入代理店事業/EC小売り事業/卸売事業/その他上記に付随する業務全般
オフィシャルサイト:https://ts-trades.jp/

国内取扱ブランド:
・フェイユーテック:https://www.feiyu-tech.jp/
・Lanmodo(ランモード):https://www.lanmodo.jp/
・iPong:https://joolausa.com/ipong/
・Lenovoスマートウォッチ:http://ts-trades.jp/lenovo-smartwatch/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ