国民・大塚代表代行は玉木新党に

共同通信

 立憲民主党との合流新党への不参加を表明した国民民主党の大塚耕平代表代行(参院議員会長)が玉木雄一郎代表らが結成を目指す新「国民民主党」に入党を届けたことが分かった。関係者が7日、明らかにした。新国民側は参加議員数を14人と発表した。だが、議員名簿は公表していない。

 合流新党への参加を見送った国民の議員22人のうち、残る8人は無所属となる見通しだ。

 共同通信の取材で「新国民」への入党意向が判明しているのは、衆院が玉木氏と前原誠司元外相、古川元久代表代行、岸本周平選対委員長、山尾志桜里、浅野哲両氏の6人。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ