7月経常収支の黒字27・4%減

共同通信

 財務省が8日発表した7月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比27・4%減の1兆4683億円だった。黒字は73カ月連続。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞が長期化し、輸出と輸入がともに減った。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1373億円の黒字。輸出は19・6%減の5兆2294億円、輸入は22・6%減の5兆922億円だった。旅行や貨物輸送を含むサービス収支は3495億円の赤字だった。

 海外投資で生じた利子や配当の動向を表す第1次所得収支の黒字は25・1%減だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ