被団協顧問の岩佐幹三氏が死去

共同通信

 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男憲明(のりあき)氏。

 学生だった16歳の時、広島市の爆心地から約1・2キロの自宅で被爆。金沢大で政治思想史を研究しながら、原水爆禁止運動や被爆者救済運動に取り組み、1960年に石川県で「原爆被災者友の会」を設立した。

 金沢大で法学部長を務めた後、退官。2000年から被団協の事務局次長、11年から代表委員、17年、顧問となった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ