堀米雄斗「米国でどんどん進化」

共同通信

 スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(XFLAG)が8日、拠点とする米国からオンライン取材に応じ「自分のレベルが少しずつ上がり、トリックもどんどん進化している。それを出せれば」と、金メダルが期待される来年の東京五輪に自信を示した。

 米国は新型コロナウイルスの感染拡大が世界で最も深刻だが、堀米は練習環境を優先して帰国せず、ロサンゼルスで活動を続けてきた。外出制限が厳しく、満足に滑れなかった期間もあり「自分にはスケボーしかない」と再認識したという。

 東京五輪に向けては「一生に一度、チャンスがあるかどうか」と出場への思いがより強まったという。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ