核ごみ処分場の選定プロセスは?

共同通信

 北海道寿都町が高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定に向けた文献調査への応募を検討していることを巡り、鈴木直道道知事は8日の記者会見で、知事の反対で寿都町が選定プロセスから外れた場合、実際に処分場の候補地からも除外されるかどうかについて国に照会していると明らかにした。道は回答を待っている状況という。

 国は文献調査の次の段階に当たる概要調査に移行する際に知事と市町村長の「意見に反して先に進まない」と説明。ただ、一度反対しても知事と市町村長が交代したり意見が変わったりした場合は「その時々の民意を反映した判断を尊重する」とし、その都度決めていくとしている。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ