ワクチン開発、安全最優先

共同通信

 【ワシントン共同】新型コロナウイルスのワクチン開発を巡り、欧米の製薬会社9社は8日、安全性を最優先して取り組むとの共同声明を発表した。当局への承認は有効性を実証した場合のみ求めることを確認。トランプ米大統領が11月の大統領選前のワクチン完成を求める中、検証不十分なまま導入するとの懸念を拭い去り、政治的な思惑をけん制する狙いがあるとみられる。

 声明を出したのは、米ファイザーやジョンソン・エンド・ジョンソン、メルク、英アストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン、フランスのサノフィなどで、接種での安全と健康を最優先すると強調。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ