米首都で15日に合意署名式

共同通信

 【ワシントン、エルサレム共同】米政府高官は8日、トランプ大統領がイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化合意の署名式を15日に首都ワシントンのホワイトハウスで開催すると明らかにした。AP通信などが伝えた。イスラエルのネタニヤフ首相とUAEのアブドラ外相が、それぞれ代表団を率いる見通しという。

 トランプ氏は11月の大統領選に向け、親イスラエルのキリスト教福音派などを意識し、外交実績として誇示したい考え。ネタニヤフ氏は8日、声明を発表し、国交正常化合意を「和平合意」と表現して「トランプ氏の招待で歴史的な式典に参加するのは光栄だ」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ