ジャパネットグループ新企業CM「想いをつなぐ」シリーズ展開開始

PR TIMES 株式会社 ジャパネットホールディングス

~第1弾は「生産者とつなぐ」篇、吉瀬美智子さんが仙台牛の生産農家へ~
株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:高田旭人)は、2020年9月9日(水)より新たな企業CMを展開いたします。CMのキャッチコピーは「想いをつなぐ」。商品やサービスとともにある人々の「想い」に寄り添い、気持ちや真心という目に見えないものもつなぐ架け橋でありたいと考えるジャパネットの企業姿勢を表現したシリーズ作となります。第1弾として、CMキャラクターを務める吉瀬美智子さんにご出演いただいたテレビCMを同日より放映開始いたします。
「生産者とつなぐ」篇にご出演の吉瀬美智子さんと仙台牛生産優良農家・佐野ファームの佐野さん

「生産者とつなぐ」篇 グラフィック広告

第1弾CMストーリーと見どころ

コロナ禍の大変な状況の中でも真摯に品質と向き合い、食卓に笑顔を届けたいという生産者の「想い」と、美味しいものを楽しんで地域を応援したいというお客様の「想い」を吉瀬さんがつなぎます。ジャパネットの『生産者応援プロジェクト』で取り扱う仙台牛の生産農家を吉瀬さんが訪れ、タブレット端末で仙台牛を購入されたお客様をオンラインでつなぎ、「おいしい!」「頑張ってね」のメッセージを直接農家さんへお届けしました。今回の撮影は、自然な想いやリアクションを引き出すことにこだわり、台本を用いずに行われました。リハーサルなく交わされたリアルな会話や、つながる瞬間に流れる温かい時間、それぞれの表情にぜひご注目ください。

今回のCMの題材となっているのはジャパネットで取り組んでいる『生産者応援プロジェクト』。制限のある生活の中で、全国の方々に少しでも元気になっていただきたいという想いで開始した本プロジェクトには、ご購入いただいたお客様からもたくさんの応援の声をいただきました。これからも通販事業の強みを生かし、世の中の役に立つことを考え取り組んでまいります。

『生産者応援プロジェクト』概要


新型コロナウイルスの感染拡大の影響による販売店などの営業縮小に伴い、ジャパネットとして何かできることはないかと考え、2020年4月に『生産者応援プロジェクト』を開始し、これまでに24都道府県の商品をお届けしてまいりました。
本当に良いものなのに販路が減少している商品をテレビショッピング等を通じてご紹介することで、インターネットでのご購入に馴染みのないお客様にも広くお届けできると考え、生産者の皆様と協力しながらお得な価格でお客様にご提供しております。
https://www.japanet.co.jp/shopping/special/cheering/index.html
<特設サイト>

特設サイトでは、90秒のCM本編だけでなく、メイキング映像も公開しております。吉瀬さんには撮影現場でのエピソードや生産農家の方と触れ合った感想なども語っていただきました。
https://corporate.japanet.co.jp/brand/

<広告展開>

2020年9月9日(水)よりテレビCMを全国放映

<イベント>

【ジャパネットDAY】
試合:2020明治安田生命J2リーグ第19節V・ファーレン長崎vsジュビロ磐田戦
日時:2020年9月13日(日)イベント16:00~/キックオフ18:00~
場所:トランスコスモススタジアム長崎
内容:CMにご出演いただいた吉瀬美智子さんをオンラインでの特別ゲストにお迎えし、新しいCMのお披露目や、『生産者応援プロジェクト』の商品が当たる大抽選会などを実施します。
イベントの様子はクラブ公式YouTubeでも配信いたします。
https://www.youtube.com/user/vvarenchannel
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ