芸術祭22年開催へ組織委を設立

共同通信

 愛知県は9日、企画展が一時中止に追い込まれた昨年の芸術祭「あいちトリエンナーレ」から名称変更した「新・国際芸術祭」(仮称)の2022年開催に向け、推進協議会と組織委員会を8日に設立したと発表した。推進協議会会長に大村秀章知事が、組織委会長には候補に決まっていた大手ゼネコン大林組の大林剛郎会長が、それぞれ8日付で就任した。

 知事が会長を務める従来の実行委員会方式を改め、芸術監督やテーマなどを決める組織委と、費用面などで開催を支援する推進協議会に分離した。

 昨年の芸術祭は、企画展「表現の不自由展・その後」の展示内容に批判が集まり、不自由展は一時中止になった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ