新築の屋根瓦、全固定を義務化へ

共同通信

 国土交通省は9日、台風や地震で住宅の屋根瓦が落下しないよう、新築時は瓦を1枚ずつ全て固定することを義務化する方針を固めた。現在は軒部分の瓦など一部の固定だけを義務付けているが、相次ぐ台風被害を受けて対策を強化する。今後、建築基準法に関する告示を改正し、既存住宅についても費用面の改修支援を検討する。

 義務化の時期は決まっていないが、全日本瓦工事業連盟によると、全固定で家を建てる場合、屋根の工費は1割程度増えるという。

 業界団体が2001年に策定した指針では全ての瓦固定を求め、建築時に活用が進んでいるが、強制力はなく、台風や地震のたびに落下被害が起きている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ