セリーナ、アザレンカが4強

共同通信

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第10日は9日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準々決勝で第3シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と元世界ランキング1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が勝ち、準決勝で顔を合わせることになった。

 S・ウィリアムズはツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に4―6、6―3、6―2で逆転勝ち。アザレンカは第16シードのエリーズ・メルテンス(ベルギー)を6―1、6―0で破った。

 男子シングルス準々決勝では、ダニル・メドベージェフがアンドレイ・ルブレフを下した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ